バナー

Welcome to my homepage

需要がある資格とその使い方

  • 就職に有利に働く資格としては、語学、運転免許、基本情報技術者、ITパスポート、
    簿記・コンサルティング資格、福祉・医療系資格、公認会計士、
    デザイン・デザイナー資格が挙げられます。

    運転免許よりも語学の方が重要というデータからも、企業のグローバル化が
    進んでいる事が窺えます。

    英語だけでなく、中国語やアジア系の言葉、特に取引先の国の言語ができると優遇されます。

    日常英会話だけでなく、メールで取引先の外国人とビジネスのやり取りができる程度
    でなければなりませんので、ある程度、取引に関連した専門用語も必要になってきます。

    英語で言えば、例えば英検2級くらいでは役に立ちません。
    TOEICなら800点以上、実用英語検定なら準1級以上が望ましいでしょう。

    基本情報技術者やITパスポート試験では、経験を裏付けする実力テストとして
    取得するのがベストです。

    IT業種では、日進月歩で技術が進歩しており昔取得した技術や経験では
    仕事の役に立たない場合もあるので、直近の実務経験が優先します。

    ただ、資格を取得していれば名刺に資格名が明記できるので、クライアントに実力を
    証明する目安として使ってもらえるのでクライアントとの取引の際、技術者の腕を信用して
    安心して仕事を任せてもらうことが出来ます。

実用性の高い資格就職に有利な資格